経営理念

1. 技研の新生産技術を社会発展のために役立てる

2. 社員の生活向上を計る(物心両面の満足度向上)


3. 会社の永劫発展を計る

働き方への取り組み

資格サポートへの取り組み 技能士検定の受検料を3回まで会社が負担
リフレッシュ休暇

入社6年目から、在籍年数に応じた日数を取得可能

長期療養休暇制度 未消化の有給休暇を、病気等で長期の休暇取得が必要になった時のために、30日まで積み立てる制度
育児休暇 育児休業 ※複数男性社員の取得実績あり
安全ゼロ災害 「安全は仕事に優先します」をモットーに、安全作業を最優先
フレックスタイム  コアタイム無し

働き方への想い

「企業は人」

企業の「企」は人が止まると書きます。

人が止まらないような会社は企業ではないという持論を設立当初から持ってきました。
人が一番大事であると考え、根底に人を大切にすることを考えて経営をしています。

 

また適材適所よりも「適材適職」と考えています。

 

職に合った人を当てがう。その方が興味をもって仕事に取り組んでいただけますし、その人も伸びると考えています。

 

「企業は人」「適材適職」この二つをベースに持ちながら、フレックス制度、半日休暇、育児休暇、長期療養休暇制度、出張手当て、安全ゼロ災害、技能検定など、取り入れた方が良いと思う社内制度を社員側の目線で、社員全員で協力体制ができるように作っています。

 

今後も居心地の良い会社づくりに取り組んで参ります。